不動産査定 買取情報センター|やっぱり「不動産鑑定士」は不動産を見れば、「何でも鑑定団...


不動産査定関連のウェブ投稿

やっぱり「不動産鑑定士」は不動産を見れば、「何でも鑑定団」みたいに即時「ジャン!」とプライスカードを上げられると思われていますね。(笑)そうじゃないんですよ〜。あくまでも「資料に基づく専門家の判断と意見」ですから。つまり、資料がなければ査定も鑑定も出来ないんですよね。
このつぶやきは、20101029223312 に投稿されたものです。IDは表示しません
■この前後に投稿された不動産売却・査定関連ポスト

この内容から不動産知識を学ぶ

投稿中に含まれる語句が、不動産(おもに査定や買取)業界でどのような意味合いで用いられているかを解説します。不動産査定依頼前の予備知識・ラーニングにお役立て下さい。※仕様上、関係のない語句が反応する場合がありますがご容赦下さい。

不動産鑑定士
不動産鑑定士とは不動産鑑定士とは、不動産の鑑定評価を行う国家資格です。
国土交通省が実施する不動産鑑定試験に合格し、不動産鑑定士名簿に登録された人をいいます。
不動産の鑑定評価は、不動産鑑定士以外の人が行うことは禁止されています(刑事罰の対象)。すなわち、不動産の鑑定評価は不動産鑑定士の独占業務であり、高度な知識と専門性、高い倫理観が要求される専門家といえます。
不動産鑑定士の主な業務は、路線価の評価や国有財産の評価など公的業務のほか、個別不動産の鑑定評価や会社資産の評価などがあります。ちなみに試験の合格率は2006年度2.0パーセントの超難関でした。
査定
査定とは一般的には、不動産売買仲介業者が、不動産を売却しようとする依頼者に対して、おおよそね3ヶ月以内に売れる価格(これを適正価格といいます)を提示する行為を言います。

適正価格を提示する業者には、適正価格の根拠となる算出方法(適正価格の妥当性)を、正確にわかり易く依頼者に説明することが法律で義務付けられています。


(1) 売却を予定している不動産の「近隣売買仲介不動産の成約事例」
(2) 売却を予定している不動産の「近隣売買仲介不動産の販売事例」
(3) 売却を予定している不動産の「近隣新築住宅の成約事例」
(4) 売却を予定している不動産の「近隣新築住宅の販売事例」
(5) 売却を予定している不動産の「近隣公示価格、路線価格」
プラス
(6) 現地における各種調査(建物の程度、近隣環境など)と公的機関の法務調査

査定に関する最新の投稿

不動産査定会社一覧

不動産査定の予備知識なら 【不動産査定買取情報センター】