不動産査定 買取情報センター|大手仲介会社の営業マンいわく、中古マンション専門でやって...


不動産査定関連のウェブ投稿

大手仲介会社の営業マンいわく、中古マンション専門でやってきている自分より担当エリアの物件に詳しいお客さんもいる。反対に成約事例を教えてくれたりする。情報の非対称性はどんどん無くなって来た。売却物件の情報を提供する以外に何ができるのかと。実績ある現場のプロが言うから説得力がある。
このつぶやきは、20101015124649 に投稿されたものです。IDは表示しません
■この前後に投稿された不動産売却・査定関連ポスト

この内容から不動産知識を学ぶ

投稿中に含まれる語句が、不動産(おもに査定や買取)業界でどのような意味合いで用いられているかを解説します。不動産査定依頼前の予備知識・ラーニングにお役立て下さい。※仕様上、関係のない語句が反応する場合がありますがご容赦下さい。

売却
売却とは不動産を売却する方法は、「仲介」と「買取」の2種類が存在します。どちらの方法も、不動産業者が対応してくれるという点は変わりませんが、売却方法は全く異なっています。

■仲介
不動産業者が購入者を探す。
不動産業者に所有不動産の売却を依頼し、不動産業者が広告や不動産流通ネットワークを利用して購入者を探します。成約時には国土交通省の規定内の仲介手数料が発生します。

■買取
不動産業者が買主(購入者)になる。
不動産業者さんが直接、不動産の買取を行います。購入者を探す手間が省ける分、早期に売却が可能となります。直接売買なので仲介手数料は発生しません。
中古マンション
中古マンションとは『中古住宅』とは、築年数に関係なく一度でも入居してしまった物件、もしくは未入居でも竣工後1年以上(不動産の表示に関する公正競争規約第3条第10号)経過したものと、竣工後2年以上で中古とする一部金融機関(住宅ローン上の線引き)です。この定義にはバラつきが見られます。
マンション投資
マンション投資とはマンション投資とは、投資目的でマンションを購入し、他人に貸して利益を得ることです。
一般投資家向けに投資用マンションが販売されています。
マンション投資は、少ない自己資金で始められること、税務効果があること、安定収入が期待できることなどで、比較的手堅い投資方法として注目されています。
投資用マンションには提携ローンが用意されているものが多く、物件価格の1割程度の頭金と諸費用があれば始められます。また、マンションオーナーといっても、管理会社で「一括借上方式」や「家主代行方式」などの管理業務委託システムが準備されているので、実務的な負担は軽減されます。
購入時の諸費用や維持管理に必要な経費を除くと、実質利回りは2〜3パーセントが標準といわれています。
マンション
マンションとはマンションとは、RC造やSRC造、鉄骨造で、3階建て以上の集合住宅のことをいいます。
これに対して、アパートとは木造・軽量鉄骨造の集合住宅のことをいいます。
なお、マンションの住人(所有者)は、所有権の視点から見ると、「区分所有権者」と呼ばれます。
建売
建売とは建売住宅とは、不動産会社が土地に建物を建て、土地と建物を一体として販売する住宅のことです。
構造・設計は不動産会社でプランニングし、建築確認を取得した後に販売されます。そのため、注文住宅のように、基礎や工法、間取りなど基本部分から自由に作り上げることはできません。
その半面、すでに設計ができているので出来上がりがイメージしやすく、また、規格化された建材や標準化した設備などを採用することで、コスト低減と工期の短縮が可能になります。
かつては建売住宅というと、「出来合いの安上がりな住宅」というイメージがありましたが、現在では、各メーカーによって多彩なブランドやシリーズが登場し、一方では高級化の傾向が強まっています。

査定に関する最新の投稿

不動産査定会社一覧

不動産査定の予備知識なら 【不動産査定買取情報センター】