不動産査定 買取情報センター|居住用としてマンションの購入を予定している人は注意が必要...


不動産査定関連のウェブ投稿

居住用としてマンションの購入を予定している人は注意が必要です。売却当時から管理費が変わらないということは管理組合の理事長に数字のわからない人が座り続けていることである。ひどいケースはそれが修繕工事会社であったりする。二度も三度も設けようとしている姿勢を政府野放しにしている。
このつぶやきは、20101010121415 に投稿されたものです。IDは表示しません
■この前後に投稿された不動産売却・査定関連ポスト

この内容から不動産知識を学ぶ

投稿中に含まれる語句が、不動産(おもに査定や買取)業界でどのような意味合いで用いられているかを解説します。不動産査定依頼前の予備知識・ラーニングにお役立て下さい。※仕様上、関係のない語句が反応する場合がありますがご容赦下さい。

売却
売却とは不動産を売却する方法は、「仲介」と「買取」の2種類が存在します。どちらの方法も、不動産業者が対応してくれるという点は変わりませんが、売却方法は全く異なっています。

■仲介
不動産業者が購入者を探す。
不動産業者に所有不動産の売却を依頼し、不動産業者が広告や不動産流通ネットワークを利用して購入者を探します。成約時には国土交通省の規定内の仲介手数料が発生します。

■買取
不動産業者が買主(購入者)になる。
不動産業者さんが直接、不動産の買取を行います。購入者を探す手間が省ける分、早期に売却が可能となります。直接売買なので仲介手数料は発生しません。
利回
利回とは利回りとは、投資した元本に対する収益の割合です。
1年当たりの収益率を年利回りといいます。不動産では、投資額に対する賃料収入などの割合をいいます。
利回りには「表面利回り」と「実質利回り」があります。表面利回りは家賃収入や駐車場収入などを投資額で割ったもので、おおまかな収益力を見る指標になります。これに対して実質利回りは、家賃などの収入から、管理費、固定資産税、修繕積立金、保険料などの経費を引いた金額を投資額で割ったものです。そのため、正確な収益力をみるのは実質利回りで判断されます。
理事会
理事会とは理事会とは、マンション管理組合の執行機関です。
管理組合はマンションの住人全員が組合員であり、その最高意思決定機関は総会になります。総会は年1回以上開催し、会計の承認や役員の選出ほかさまざまな議案を決議します。
理事会は総会で選ばれた役員で構成され、総会できまった管理業務を実行していきます。また、総会を頻繁に開くのは難しいため、その時々の課題を議論したり、対処します。
理事会の開催はマンションによって異なりますが、熱心なところでは毎月開催して、活発に話し合いをしているようです。理事については、町会の役員とも似て、持ち回りが一般的のようです。
マンション
マンションとはマンションとは、RC造やSRC造、鉄骨造で、3階建て以上の集合住宅のことをいいます。
これに対して、アパートとは木造・軽量鉄骨造の集合住宅のことをいいます。
なお、マンションの住人(所有者)は、所有権の視点から見ると、「区分所有権者」と呼ばれます。
管理組合
管理組合とは管理組合とは、マンション・敷地・付属施設の管理を行うための団体のことをいいます。
区分所有法に従って、マンションの所有者全員で結成されます。
管理組合は、マンション管理に関する事項を決定・実施するために、集会を開いたり、規約を定めたり、管理者を置くことができます。管理組合が適正・活発に活動するほど、マンションの住環境がより良いものとなります。

査定に関する最新の投稿

不動産査定会社一覧

不動産査定の予備知識なら 【不動産査定買取情報センター】