不動産査定 買取情報センター|不動産家の呟き♪ほぼ予定どうりに事務処理完了!外出します…1...


不動産査定関連のウェブ投稿

不動産家の呟き♪ほぼ予定どうりに事務処理完了!外出します…1230戸建住宅簡易査定の為外観確認…1330オープンハウス2日目…1900住み替え相談でハウスメーカーさんに同行!中華丼たべたーい!!
このつぶやきは、20101003120217 に投稿されたものです。IDは表示しません
■この前後に投稿された不動産売却・査定関連ポスト

この内容から不動産知識を学ぶ

投稿中に含まれる語句が、不動産(おもに査定や買取)業界でどのような意味合いで用いられているかを解説します。不動産査定依頼前の予備知識・ラーニングにお役立て下さい。※仕様上、関係のない語句が反応する場合がありますがご容赦下さい。

オープンハウス
オープンハウスとはオープンハウスとは、中古マンションや一戸建の住戸を、予約なしで自由に見学できるよう開放しておくことをいいます。
オープンルームともいいます。
明確な区別はありませんが、戸建ての場合をオープンハウス、マンションの場合をオープンルーム(OR)と表示することが多いようです。
ハウスメーカー
ハウスメーカーとはハウスビルダーとは、家を建てる業者のことです。
工務店や設計事務所、ハウスメーカーなどが該当します。しかし主として、ハウスメーカーが大手住宅メーカーをさすのに対して、ハウスビルダーは地域に密着した比較的小規模な業者をさします。工務店をさす場合もあります。
ハウスビルダーは地域に根ざしていることが多いので、建築後のアフターフォローなども依頼しやすく、安心感があります。
建売
建売とは建売住宅とは、不動産会社が土地に建物を建て、土地と建物を一体として販売する住宅のことです。
構造・設計は不動産会社でプランニングし、建築確認を取得した後に販売されます。そのため、注文住宅のように、基礎や工法、間取りなど基本部分から自由に作り上げることはできません。
その半面、すでに設計ができているので出来上がりがイメージしやすく、また、規格化された建材や標準化した設備などを採用することで、コスト低減と工期の短縮が可能になります。
かつては建売住宅というと、「出来合いの安上がりな住宅」というイメージがありましたが、現在では、各メーカーによって多彩なブランドやシリーズが登場し、一方では高級化の傾向が強まっています。
査定
査定とは一般的には、不動産売買仲介業者が、不動産を売却しようとする依頼者に対して、おおよそね3ヶ月以内に売れる価格(これを適正価格といいます)を提示する行為を言います。

適正価格を提示する業者には、適正価格の根拠となる算出方法(適正価格の妥当性)を、正確にわかり易く依頼者に説明することが法律で義務付けられています。


(1) 売却を予定している不動産の「近隣売買仲介不動産の成約事例」
(2) 売却を予定している不動産の「近隣売買仲介不動産の販売事例」
(3) 売却を予定している不動産の「近隣新築住宅の成約事例」
(4) 売却を予定している不動産の「近隣新築住宅の販売事例」
(5) 売却を予定している不動産の「近隣公示価格、路線価格」
プラス
(6) 現地における各種調査(建物の程度、近隣環境など)と公的機関の法務調査

査定に関する最新の投稿

不動産査定会社一覧

不動産査定の予備知識なら 【不動産査定買取情報センター】