不動産査定 買取情報センター|昨日は、多摩地域の某農協関係者と懇談。都市農業の現状や、...


不動産査定関連のウェブ投稿

昨日は、多摩地域の某農協関係者と懇談。都市農業の現状や、農地転用の情勢について。農地転用は、その規模の問題の絡み、相続対策の理由で、大半が不動産会社・ビルダーへ開発用地として売却される。農地の減少傾向は顕著…各農協や転用を許可する農業委員会にとっても頭の痛いところ、だそうです。
このつぶやきは、20101002021352 に投稿されたものです。IDは表示しません
■この前後に投稿された不動産売却・査定関連ポスト

この内容から不動産知識を学ぶ

投稿中に含まれる語句が、不動産(おもに査定や買取)業界でどのような意味合いで用いられているかを解説します。不動産査定依頼前の予備知識・ラーニングにお役立て下さい。※仕様上、関係のない語句が反応する場合がありますがご容赦下さい。

売却
売却とは不動産を売却する方法は、「仲介」と「買取」の2種類が存在します。どちらの方法も、不動産業者が対応してくれるという点は変わりませんが、売却方法は全く異なっています。

■仲介
不動産業者が購入者を探す。
不動産業者に所有不動産の売却を依頼し、不動産業者が広告や不動産流通ネットワークを利用して購入者を探します。成約時には国土交通省の規定内の仲介手数料が発生します。

■買取
不動産業者が買主(購入者)になる。
不動産業者さんが直接、不動産の買取を行います。購入者を探す手間が省ける分、早期に売却が可能となります。直接売買なので仲介手数料は発生しません。
利回
利回とは利回りとは、投資した元本に対する収益の割合です。
1年当たりの収益率を年利回りといいます。不動産では、投資額に対する賃料収入などの割合をいいます。
利回りには「表面利回り」と「実質利回り」があります。表面利回りは家賃収入や駐車場収入などを投資額で割ったもので、おおまかな収益力を見る指標になります。これに対して実質利回りは、家賃などの収入から、管理費、固定資産税、修繕積立金、保険料などの経費を引いた金額を投資額で割ったものです。そのため、正確な収益力をみるのは実質利回りで判断されます。
不動産会社
不動産会社とは不動産会社とは、不動産の分譲、賃貸、仲介、鑑定・評価など、不動産取引に係わる事業を行う会社をいいます。
広義には、施工会社や管理会社も含まれますが、法的には宅地建物取引業者のことをいいます。
不動産会社は、個人経営の小規模な会社から大手不動産会社まで幅広く、業種や事業内容も多岐に渡ります。
不動産会社の中で、土地開発、分譲を行うのは「デベロッパー」と呼ばれます。また、「販売代理会社」は住宅の受託販売を行う会社で、デベロッパーの系列会社などが多くみられます。最も数が多いのは「仲介会社」で、宅地・建物の売買や賃貸の仲介をします。
このほか、不動産コンサルタントや土地開発業(地上げ)なども不動産会社に含まれます。
農地転用
農地転用とは農地転用とは、農地を宅地や駐車場など、農地以外にすることです。
農地法により、農地を転用するには、4haまでは都道府県知事の許可が、4haを超える場合は農林水産大臣の許可が必要となります。
転用の許可が下りる立地基準は、農地の状況によって難易度があります。農用地区域は原則として認められず、その他は、市街地へ近いほど認められやすくなります。また市街化区域内にある農地は、生産緑地を除き、農業委員会への届けのみで転用でき、許可は必要ありません。
相続
相続とは相続とは、人が亡くなったときに、親子や一定の親族関係にある相続人が、財産を受け継ぐことです。
相続は、配偶者や子などの相続人に限定されます。
相続する財産は、財産上の権利と義務を包括したもので、債権などのプラスの資産とともに債務も引き継ぐことになります。
相続は、人が亡くなると自動的に発生するので、相続人の意思に関わらず遺産は継承されます。相続したくないときには、相続を知った3ヶ月以内に、相続放棄をする必要があります。
解約
解約とは賃貸借・雇用・委任・組合などのような継続的契約関係を、契約当事者の一方の意思表示によって消滅させることを「解約」といいます。
契約の「解除」の場合は、その効力は過去にさかのぼる(原状回復義務が生じる)のに対して、「解約」の場合は、将来に向かってのみ効力が生じるとされています。
しかしながら、実務上は、「解除」と「解約」の区別は明確ではありません。

査定に関する最新の投稿

不動産査定会社一覧

不動産査定の予備知識なら 【不動産査定買取情報センター】