不動産査定 買取情報センター|不動産屋で売却の依頼が出来てもお金の調達依頼は出来ません...


不動産査定関連のウェブ投稿

不動産屋で売却の依頼が出来てもお金の調達依頼は出来ませんよね!!そんな時是非不動産担保ローンのDTSを思い出してください。住宅ローン、消費者金融の不動産担保ローン、税金の差押さえが付いていても売却可能金額の範囲内なら当社のローンが組めます!総量規制対象外ですので、ご安心ください。
このつぶやきは、20101001184107 に投稿されたものです。IDは表示しません
■この前後に投稿された不動産売却・査定関連ポスト

この内容から不動産知識を学ぶ

投稿中に含まれる語句が、不動産(おもに査定や買取)業界でどのような意味合いで用いられているかを解説します。不動産査定依頼前の予備知識・ラーニングにお役立て下さい。※仕様上、関係のない語句が反応する場合がありますがご容赦下さい。

売却
売却とは不動産を売却する方法は、「仲介」と「買取」の2種類が存在します。どちらの方法も、不動産業者が対応してくれるという点は変わりませんが、売却方法は全く異なっています。

■仲介
不動産業者が購入者を探す。
不動産業者に所有不動産の売却を依頼し、不動産業者が広告や不動産流通ネットワークを利用して購入者を探します。成約時には国土交通省の規定内の仲介手数料が発生します。

■買取
不動産業者が買主(購入者)になる。
不動産業者さんが直接、不動産の買取を行います。購入者を探す手間が省ける分、早期に売却が可能となります。直接売買なので仲介手数料は発生しません。
不動産担保ローン
不動産担保ローンとは不動産担保ローンとは、所有している不動産を担保にお金を借りる商品のことです。
所有している不動産の価値を、専門業者が審査し、その資産価値に準じて担保価値が設定されます。
銀行や信販系金融機関ほか、一部の消費者金融でも取り扱っています。無担保ローンに比べて、金利が低く、借入額が大きい、返済期間が長いなどのメリットがあります。
ただし、返済ができなくなると、不動産を失う可能性があります。
担保
担保とは担保とは、融資を受ける際に、支払いを保証するうえで、債権回収のために提供するものをいいます。
担保には、不動産や株式などを提供する物的担保と、連帯保証などの人的担保があります。債務不履行の場合には担保を債権者に引き渡し、債権者は債務の弁済を受けられるようになっています。
ローンを組んでマイホームを購入するときには、その土地と建物に抵当権を設定して融資を受けるのが一般的ですが、この抵当権が物的担保です。また、連帯保証人をつけた場合には、こちらも人的な担保といえます。
不動産を担保にするには、抵当権設定登記を行わなければなりません。債権者が複数いる場合には、抵当権から優先に支払ってもらえる(優先弁財)順番は、登記の順番になっています。
不動産を担保にしている場合には、強制執行手続によらないかぎり債務者は担保物件を自由に使用収益できます。また、ローンが完済した場合には、抵当権を抹消します。
住宅ローン
住宅ローンとは住宅ローンとは、マイホームの購入や新築・増築などの資金として金融機関から借りる融資のことです。
住宅ローンを受けるには、通常、一定の所得基準があります。また、建物などの融資対象不動産に担保として抵当権が設定されます。
住宅ローンの種類は、民間金融機関によるものと公的機関による融資があります。後者は旧住宅金融公庫が主に担ってきましたが、民間金融機関を住宅金融支援機構が支援する形の中間的ローンともいえる「フラット35」が登場したことで、住宅ローンは民間ローンおよび「フラット35」が主軸となっています。
また、住宅ローン金利は、固定金利型と変動金利型、選択型があり、返済方法には、元利均等型と元金均等型があります。
差押
差押とは債権者の訴訟によって、国家の執行機関である執行裁判所や執行官が、債務者の財産や権利の処分を禁止することを、差押えといいます。
債権者は、確定判決などの債務名義と執行文の付与を受けて、執行機関に執行の申し立てを行います。その後、不動産の場合では差押え宣告がなされて、差押えの登記がされ、競売が開始されます。
なお、確定判決が出ていないなど、差押えの条件が満たされていない場合は、仮差押の申し立てができます。

査定に関する最新の投稿

不動産査定会社一覧

不動産査定の予備知識なら 【不動産査定買取情報センター】