不動産査定 買取情報センター|Aがマンション1棟を買い取り、販売の代理を業者Bに依頼して...


不動産査定関連のウェブ投稿

Aがマンション1棟を買い取り、販売の代理を業者Bに依頼して不特定多数に売却する場合、Aは免許を要しない×
このつぶやきは、20101001161520 に投稿されたものです。IDは表示しません
■この前後に投稿された不動産売却・査定関連ポスト

この内容から不動産知識を学ぶ

投稿中に含まれる語句が、不動産(おもに査定や買取)業界でどのような意味合いで用いられているかを解説します。不動産査定依頼前の予備知識・ラーニングにお役立て下さい。※仕様上、関係のない語句が反応する場合がありますがご容赦下さい。

売却
売却とは不動産を売却する方法は、「仲介」と「買取」の2種類が存在します。どちらの方法も、不動産業者が対応してくれるという点は変わりませんが、売却方法は全く異なっています。

■仲介
不動産業者が購入者を探す。
不動産業者に所有不動産の売却を依頼し、不動産業者が広告や不動産流通ネットワークを利用して購入者を探します。成約時には国土交通省の規定内の仲介手数料が発生します。

■買取
不動産業者が買主(購入者)になる。
不動産業者さんが直接、不動産の買取を行います。購入者を探す手間が省ける分、早期に売却が可能となります。直接売買なので仲介手数料は発生しません。
マンション
マンションとはマンションとは、RC造やSRC造、鉄骨造で、3階建て以上の集合住宅のことをいいます。
これに対して、アパートとは木造・軽量鉄骨造の集合住宅のことをいいます。
なお、マンションの住人(所有者)は、所有権の視点から見ると、「区分所有権者」と呼ばれます。
代理
代理とは代理とは、依頼者から代理権を与えられた宅建業者が、依頼者のために取引をすると、その効果が依頼者に帰属する法律関係のことをいいます。
代理権を与えられた宅建業者のことを代理人といいます。代理人は、依頼の趣旨に従って、相当の注意を払って取引に当たらなければなりません。また、取引の相手方を自分自身として取引することはできませんし、取引の相手方の代理人となることもできません。
代理人が、与えられた権限を越えて取引をしても、原則として無効となってしまいます。そのため、代理人に対しては、委任状を見て権限の範囲をよく確認する必要があります。

査定に関する最新の投稿

不動産査定会社一覧

不動産査定の予備知識なら 【不動産査定買取情報センター】