不動産査定 買取情報センター|【資産組換え】居住用財産の売却で買い換え特例を生かした住...


不動産査定関連のウェブ投稿

【資産組換え】居住用財産の売却で買い換え特例を生かした住居併用賃貸物件のご提案。貴方が賃貸経営者に生まれ変わるお手伝いを致します。ひとつ頭を捻ることで明るいビジョンが見えて来ます。不動産投資で豊かな暮らしをを手に入れて下さい!
このつぶやきは、20101001002734 に投稿されたものです。IDは表示しません
■この前後に投稿された不動産売却・査定関連ポスト

この内容から不動産知識を学ぶ

投稿中に含まれる語句が、不動産(おもに査定や買取)業界でどのような意味合いで用いられているかを解説します。不動産査定依頼前の予備知識・ラーニングにお役立て下さい。※仕様上、関係のない語句が反応する場合がありますがご容赦下さい。

賃貸
賃貸とは建物や土地の持ち主と契約を結び、賃料を払ってその建物や部屋、土地を使うことをいいます。
民間企業や公的組織が所有する建物や部屋を、個人が住居として、
または企業が事務所として借りる形態が一般的です。

賃貸という形態上ハイリターンはありませんが、所有者が所持し続ける限り長期的に安定して利益をあげることができます。
一般的に賃貸物件は使用により消耗していくので時間の経過と共にその価値が落ちていきます。賃貸物件を長期的に使用し続けるためには定期的にメンテナンスをする必要があり、それが唯一のランニングコストとなります。
景気や物価の変動により賃貸物件のニーズが減る場合において利益が得られなくなるリスクがあり、キャピタルゲイン方式の投資に比べるとリスクとリターンは低く、銀行への貯蓄などと比べるとリスクとリターンは高いという位置づけにあり、ミドルリスク・ミドルリターン型の投資といえます。
売却
売却とは不動産を売却する方法は、「仲介」と「買取」の2種類が存在します。どちらの方法も、不動産業者が対応してくれるという点は変わりませんが、売却方法は全く異なっています。

■仲介
不動産業者が購入者を探す。
不動産業者に所有不動産の売却を依頼し、不動産業者が広告や不動産流通ネットワークを利用して購入者を探します。成約時には国土交通省の規定内の仲介手数料が発生します。

■買取
不動産業者が買主(購入者)になる。
不動産業者さんが直接、不動産の買取を行います。購入者を探す手間が省ける分、早期に売却が可能となります。直接売買なので仲介手数料は発生しません。
不動産投資
不動産投資とは不動産投資(ふどうさんとうし)とは、利益を得る目的で不動産事業に資金を投下することです。 具体的には投資した不動産を人に貸して、定期的に賃料という利益を受け取るインカムゲインと、 その不動産を購入した金額以上でのキャピタルゲインを期待するものです。
現在は購入した投資物件を賃貸して得られる家賃収入などから生まれる利益、つまり運用利益(インカムゲイン)を目的とする不動産投資が主流です。
建売
建売とは建売住宅とは、不動産会社が土地に建物を建て、土地と建物を一体として販売する住宅のことです。
構造・設計は不動産会社でプランニングし、建築確認を取得した後に販売されます。そのため、注文住宅のように、基礎や工法、間取りなど基本部分から自由に作り上げることはできません。
その半面、すでに設計ができているので出来上がりがイメージしやすく、また、規格化された建材や標準化した設備などを採用することで、コスト低減と工期の短縮が可能になります。
かつては建売住宅というと、「出来合いの安上がりな住宅」というイメージがありましたが、現在では、各メーカーによって多彩なブランドやシリーズが登場し、一方では高級化の傾向が強まっています。
買い換え特例
買い換え特例とは買換え特例とは、マーホームを買換えた際に、売却した代金のうち買換えに充てた金額には課税されない制度です。
この特例は2004年度および2007年度の税制改正によって適用期限が延長され、2009年12月31日までに売却した場合に適用されます。買換え特例では、売却代金を全て購入に充当した場合には無税、売却益があった場合にはその分に課税されます。
買換え特例を受ける主な条件は、以下の通りです。
・土地と家屋の所有期間が10年を超え、10年以上住んでいること
・売却した年の前年から翌年中に買換え物件を購入し、居住を開始すること(翌年末購入の場合は、その1年以内に居住)
・買換える建物の床面積が50平方メートル以上、敷地は500平方メートル以下であること
・売却した相手が、配偶者や親子、生計をともにする親族でないこと

査定に関する最新の投稿

不動産査定会社一覧

不動産査定の予備知識なら 【不動産査定買取情報センター】