不動産査定 買取情報センター|黒字の法人が、含み損のある不動産を時価でグループ法人に売...


不動産査定関連のウェブ投稿

黒字の法人が、含み損のある不動産を時価でグループ法人に売却すると、譲渡損失が計上できたのですが、できなくなりました。逆に言えば、含み益のある不動産をグループ法人に売却しても譲渡益を計上しなくてもよくなりました。実はこちらの方がこれからの楽しみであります。
このつぶやきは、20100928212206 に投稿されたものです。IDは表示しません
■この前後に投稿された不動産売却・査定関連ポスト

この内容から不動産知識を学ぶ

投稿中に含まれる語句が、不動産(おもに査定や買取)業界でどのような意味合いで用いられているかを解説します。不動産査定依頼前の予備知識・ラーニングにお役立て下さい。※仕様上、関係のない語句が反応する場合がありますがご容赦下さい。

売却
売却とは不動産を売却する方法は、「仲介」と「買取」の2種類が存在します。どちらの方法も、不動産業者が対応してくれるという点は変わりませんが、売却方法は全く異なっています。

■仲介
不動産業者が購入者を探す。
不動産業者に所有不動産の売却を依頼し、不動産業者が広告や不動産流通ネットワークを利用して購入者を探します。成約時には国土交通省の規定内の仲介手数料が発生します。

■買取
不動産業者が買主(購入者)になる。
不動産業者さんが直接、不動産の買取を行います。購入者を探す手間が省ける分、早期に売却が可能となります。直接売買なので仲介手数料は発生しません。
含み損
含み損とは含み損は、「評価損」とも呼ばれ、有価証券や不動産などの保有資産において、現在の価格(時価)が購入時の価格(簿価)よりも低い場合に、その差額のことをいいます。これは、ある時点での潜在的な(評価上の)損失額のため、実際に売却(差金決済、反対売買)するまでは金額が確定しません。なお、実際に取引が完了して損失が確定した場合は「実現損」といいます。
譲渡
譲渡とは譲渡とは、所有資産を移転させる一切の行為をいいます。
譲渡には、不動産などの売買のほか、贈与や交換、公売なども含みます。譲渡による所得には所得税と住民税が課税されます。
土地や建物を売ったときの譲渡所得に対する課税は、給与所得などと分離(分離課税)して計算します。計算方法は、
譲渡所得=譲渡価額(売却代金)−(取得費+譲渡費用)−特別控除
所有期間5年超の物件を売った場合は、
税額=長期譲渡所得×15パーセント(住民税5パーセント)
所有期間5年以下の物件を売った場合は、
税額=短期譲渡所得×30パーセント(住民税9パーセント)
となっています。
なお、マイホームを売った場合には、「3000万円特別控除」「長期所有居住用財産の軽減税率」などの特例があります。
譲渡損
譲渡損とは土地、建物等の譲渡所得の計算で、必要経費となる取得費と譲渡費用の合計額が、譲渡収入金額を上回った場合には譲渡所得が赤字となります。
この赤字は他に分離課税の譲渡所得および総合課税の譲渡所得と損益通算をすることが出来ます。
譲渡損失
譲渡損失とは土地、建物等の譲渡所得の計算で、必要経費となる取得費と譲渡費用の合計額が、譲渡収入金額を上回った場合には譲渡所得が赤字となります。
この赤字は他に分離課税の譲渡所得および総合課税の譲渡所得と損益通算をすることが出来ます。

査定に関する最新の投稿

不動産査定会社一覧

不動産査定の予備知識なら 【不動産査定買取情報センター】