不動産査定 買取情報センター|不動産の個別評価の優劣は益々拡大の兆し…例えば都内の土地相...


不動産査定関連のウェブ投稿

不動産の個別評価の優劣は益々拡大の兆し…例えば都内の土地相場…単価への反映は、駅毎・街毎の中でも差は明らか…区分・賃貸ではまだエリア性が色濃く価格に反映しているが、土地でいえば…極端な話、同じ丁目でも差はくっきり…評価は、全く違ったことに…購入・売却…ご注意を。
このつぶやきは、20100927201956 に投稿されたものです。IDは表示しません
■この前後に投稿された不動産売却・査定関連ポスト

この内容から不動産知識を学ぶ

投稿中に含まれる語句が、不動産(おもに査定や買取)業界でどのような意味合いで用いられているかを解説します。不動産査定依頼前の予備知識・ラーニングにお役立て下さい。※仕様上、関係のない語句が反応する場合がありますがご容赦下さい。

賃貸
賃貸とは建物や土地の持ち主と契約を結び、賃料を払ってその建物や部屋、土地を使うことをいいます。
民間企業や公的組織が所有する建物や部屋を、個人が住居として、
または企業が事務所として借りる形態が一般的です。

賃貸という形態上ハイリターンはありませんが、所有者が所持し続ける限り長期的に安定して利益をあげることができます。
一般的に賃貸物件は使用により消耗していくので時間の経過と共にその価値が落ちていきます。賃貸物件を長期的に使用し続けるためには定期的にメンテナンスをする必要があり、それが唯一のランニングコストとなります。
景気や物価の変動により賃貸物件のニーズが減る場合において利益が得られなくなるリスクがあり、キャピタルゲイン方式の投資に比べるとリスクとリターンは低く、銀行への貯蓄などと比べるとリスクとリターンは高いという位置づけにあり、ミドルリスク・ミドルリターン型の投資といえます。
売却
売却とは不動産を売却する方法は、「仲介」と「買取」の2種類が存在します。どちらの方法も、不動産業者が対応してくれるという点は変わりませんが、売却方法は全く異なっています。

■仲介
不動産業者が購入者を探す。
不動産業者に所有不動産の売却を依頼し、不動産業者が広告や不動産流通ネットワークを利用して購入者を探します。成約時には国土交通省の規定内の仲介手数料が発生します。

■買取
不動産業者が買主(購入者)になる。
不動産業者さんが直接、不動産の買取を行います。購入者を探す手間が省ける分、早期に売却が可能となります。直接売買なので仲介手数料は発生しません。

査定に関する最新の投稿

不動産査定会社一覧

不動産査定の予備知識なら 【不動産査定買取情報センター】