不動産査定 買取情報センター|KさんはJリート(不動産投信、毎月分配型)に投資してるそう...


不動産査定関連のウェブ投稿

KさんはJリート(不動産投信、毎月分配型)に投資してるそうだ。利回りが良いから(基準価格の安い時に購入)そこそこお小遣いになるし、値が戻ったら売却益も取れるし、だって。正解かどうか私には分からない・・・
このつぶやきは、20100924194224 に投稿されたものです。IDは表示しません
■この前後に投稿された不動産売却・査定関連ポスト

この内容から不動産知識を学ぶ

投稿中に含まれる語句が、不動産(おもに査定や買取)業界でどのような意味合いで用いられているかを解説します。不動産査定依頼前の予備知識・ラーニングにお役立て下さい。※仕様上、関係のない語句が反応する場合がありますがご容赦下さい。

不動産投資
不動産投資とは不動産投資(ふどうさんとうし)とは、利益を得る目的で不動産事業に資金を投下することです。 具体的には投資した不動産を人に貸して、定期的に賃料という利益を受け取るインカムゲインと、 その不動産を購入した金額以上でのキャピタルゲインを期待するものです。
現在は購入した投資物件を賃貸して得られる家賃収入などから生まれる利益、つまり運用利益(インカムゲイン)を目的とする不動産投資が主流です。
分かれ
分かれとは分かれとは、不動産売買の媒介報酬(仲介手数料)の配分を表す不動産業界の用語です。
報酬の配分は、売却を依頼された元付け業者が、買い手を探す客付け業者へ示すケースが一般的です。その際、「分かれ」とあれば、元付け業者は売主から、客付け業者は買主から、それぞれ媒介報酬を受領することになります。
利回
利回とは利回りとは、投資した元本に対する収益の割合です。
1年当たりの収益率を年利回りといいます。不動産では、投資額に対する賃料収入などの割合をいいます。
利回りには「表面利回り」と「実質利回り」があります。表面利回りは家賃収入や駐車場収入などを投資額で割ったもので、おおまかな収益力を見る指標になります。これに対して実質利回りは、家賃などの収入から、管理費、固定資産税、修繕積立金、保険料などの経費を引いた金額を投資額で割ったものです。そのため、正確な収益力をみるのは実質利回りで判断されます。
解約
解約とは賃貸借・雇用・委任・組合などのような継続的契約関係を、契約当事者の一方の意思表示によって消滅させることを「解約」といいます。
契約の「解除」の場合は、その効力は過去にさかのぼる(原状回復義務が生じる)のに対して、「解約」の場合は、将来に向かってのみ効力が生じるとされています。
しかしながら、実務上は、「解除」と「解約」の区別は明確ではありません。

査定に関する最新の投稿

不動産査定会社一覧

不動産査定の予備知識なら 【不動産査定買取情報センター】