不動産査定 買取情報センター|不動産が売却された時、そこに設定されている他の担保権は、...


不動産査定関連のウェブ投稿

不動産が売却された時、そこに設定されている他の担保権は、その機会に売却代金から返済してもらうのです。
このつぶやきは、20100924193004 に投稿されたものです。IDは表示しません
■この前後に投稿された不動産売却・査定関連ポスト

この内容から不動産知識を学ぶ

投稿中に含まれる語句が、不動産(おもに査定や買取)業界でどのような意味合いで用いられているかを解説します。不動産査定依頼前の予備知識・ラーニングにお役立て下さい。※仕様上、関係のない語句が反応する場合がありますがご容赦下さい。

売却
売却とは不動産を売却する方法は、「仲介」と「買取」の2種類が存在します。どちらの方法も、不動産業者が対応してくれるという点は変わりませんが、売却方法は全く異なっています。

■仲介
不動産業者が購入者を探す。
不動産業者に所有不動産の売却を依頼し、不動産業者が広告や不動産流通ネットワークを利用して購入者を探します。成約時には国土交通省の規定内の仲介手数料が発生します。

■買取
不動産業者が買主(購入者)になる。
不動産業者さんが直接、不動産の買取を行います。購入者を探す手間が省ける分、早期に売却が可能となります。直接売買なので仲介手数料は発生しません。
担保
担保とは担保とは、融資を受ける際に、支払いを保証するうえで、債権回収のために提供するものをいいます。
担保には、不動産や株式などを提供する物的担保と、連帯保証などの人的担保があります。債務不履行の場合には担保を債権者に引き渡し、債権者は債務の弁済を受けられるようになっています。
ローンを組んでマイホームを購入するときには、その土地と建物に抵当権を設定して融資を受けるのが一般的ですが、この抵当権が物的担保です。また、連帯保証人をつけた場合には、こちらも人的な担保といえます。
不動産を担保にするには、抵当権設定登記を行わなければなりません。債権者が複数いる場合には、抵当権から優先に支払ってもらえる(優先弁財)順番は、登記の順番になっています。
不動産を担保にしている場合には、強制執行手続によらないかぎり債務者は担保物件を自由に使用収益できます。また、ローンが完済した場合には、抵当権を抹消します。
解約
解約とは賃貸借・雇用・委任・組合などのような継続的契約関係を、契約当事者の一方の意思表示によって消滅させることを「解約」といいます。
契約の「解除」の場合は、その効力は過去にさかのぼる(原状回復義務が生じる)のに対して、「解約」の場合は、将来に向かってのみ効力が生じるとされています。
しかしながら、実務上は、「解除」と「解約」の区別は明確ではありません。

査定に関する最新の投稿

不動産査定会社一覧

不動産査定の予備知識なら 【不動産査定買取情報センター】