不動産査定 買取情報センター|24日まで不動産査定書を出さなくてはならず、先ほど帰宅。街...


不動産査定関連のウェブ投稿

24日まで不動産査定書を出さなくてはならず、先ほど帰宅。街中の更地物件だったので収益還元法で土地残余法を準用してみました。これは、更地の状態の土地に建物を建築して賃貸したと想定し、土地・建物一体としての純収益から建物分を引いた残りの収益を還元して土地の収益価格を求める方法。(続)
このつぶやきは、20100923015833 に投稿されたものです。IDは表示しません
■この前後に投稿された不動産売却・査定関連ポスト

この内容から不動産知識を学ぶ

投稿中に含まれる語句が、不動産(おもに査定や買取)業界でどのような意味合いで用いられているかを解説します。不動産査定依頼前の予備知識・ラーニングにお役立て下さい。※仕様上、関係のない語句が反応する場合がありますがご容赦下さい。

賃貸
賃貸とは建物や土地の持ち主と契約を結び、賃料を払ってその建物や部屋、土地を使うことをいいます。
民間企業や公的組織が所有する建物や部屋を、個人が住居として、
または企業が事務所として借りる形態が一般的です。

賃貸という形態上ハイリターンはありませんが、所有者が所持し続ける限り長期的に安定して利益をあげることができます。
一般的に賃貸物件は使用により消耗していくので時間の経過と共にその価値が落ちていきます。賃貸物件を長期的に使用し続けるためには定期的にメンテナンスをする必要があり、それが唯一のランニングコストとなります。
景気や物価の変動により賃貸物件のニーズが減る場合において利益が得られなくなるリスクがあり、キャピタルゲイン方式の投資に比べるとリスクとリターンは低く、銀行への貯蓄などと比べるとリスクとリターンは高いという位置づけにあり、ミドルリスク・ミドルリターン型の投資といえます。
建売
建売とは建売住宅とは、不動産会社が土地に建物を建て、土地と建物を一体として販売する住宅のことです。
構造・設計は不動産会社でプランニングし、建築確認を取得した後に販売されます。そのため、注文住宅のように、基礎や工法、間取りなど基本部分から自由に作り上げることはできません。
その半面、すでに設計ができているので出来上がりがイメージしやすく、また、規格化された建材や標準化した設備などを採用することで、コスト低減と工期の短縮が可能になります。
かつては建売住宅というと、「出来合いの安上がりな住宅」というイメージがありましたが、現在では、各メーカーによって多彩なブランドやシリーズが登場し、一方では高級化の傾向が強まっています。
収益還元法
収益還元法とは収益還元法とは、不動産が生み出す利益からその不動産の価値を算出する方法です。
収益還元法は、不動産が将来生み出すと期待される利益の総和としての収益価格を求める方法で、不動産の適正価値を判断するグローバルスタンダードな方法です。
具体的には、不動産から得られる利益を利回りで割って現在価値の総和を求めます。
日本では、従来、取引事例比較法(類似の取引事例と比較)や原価法(再調達価格から算出)などが中心でしたが、キャッシュフローを重視した評価法として、現在では事業用不動産の評価として主流となっています。
不動産査定
不動産査定とは一般的には、不動産売買仲介業者が、不動産を売却しようとする依頼者に対して、おおよそね3ヶ月以内に売れる価格(これを適正価格といいます)を提示する行為を言います。

適正価格を提示する業者には、適正価格の根拠となる算出方法(適正価格の妥当性)を、正確にわかり易く依頼者に説明することが法律で義務付けられています。


(1) 売却を予定している不動産の「近隣売買仲介不動産の成約事例」
(2) 売却を予定している不動産の「近隣売買仲介不動産の販売事例」
(3) 売却を予定している不動産の「近隣新築住宅の成約事例」
(4) 売却を予定している不動産の「近隣新築住宅の販売事例」
(5) 売却を予定している不動産の「近隣公示価格、路線価格」
プラス
(6) 現地における各種調査(建物の程度、近隣環境など)と公的機関の法務調査
査定
査定とは一般的には、不動産売買仲介業者が、不動産を売却しようとする依頼者に対して、おおよそね3ヶ月以内に売れる価格(これを適正価格といいます)を提示する行為を言います。

適正価格を提示する業者には、適正価格の根拠となる算出方法(適正価格の妥当性)を、正確にわかり易く依頼者に説明することが法律で義務付けられています。


(1) 売却を予定している不動産の「近隣売買仲介不動産の成約事例」
(2) 売却を予定している不動産の「近隣売買仲介不動産の販売事例」
(3) 売却を予定している不動産の「近隣新築住宅の成約事例」
(4) 売却を予定している不動産の「近隣新築住宅の販売事例」
(5) 売却を予定している不動産の「近隣公示価格、路線価格」
プラス
(6) 現地における各種調査(建物の程度、近隣環境など)と公的機関の法務調査

査定に関する最新の投稿

不動産査定会社一覧

不動産査定の予備知識なら 【不動産査定買取情報センター】